樋浦のこだわり

樋浦建築が「お客様の笑顔のために」心がけているこだわりをご紹介します。

健康で住まえる家

どんなに豊かでも、健康でなければ笑顔にはなれません。樋浦建築では、住む方が健康でいられるような家造りを心掛けています。

その中でも特に、「温度のバリアフリー」にこだわっています。それは家の中の温度差をなくす、つまり家じゅうをあったかくしよう!というこだわりです。お風呂などでよくヒートショックのために心筋梗塞になったりする事件がありますが、温度のバリアフリーはこのようなことも防いでくれます。

 

◇土間蓄熱暖房

家じゅうをあったかくするために、樋浦建築は土間蓄熱暖房を採用しています。

土間蓄熱暖房1

まず基礎となる土間コンクリートの上に、管を敷いていきます。

土間蓄熱暖房2

この細い管に不凍液を入れ、電気で温めるのです。

 

まんべんなく敷いたら、管を土間コンクリートに埋めてしまいます。

土間蓄熱暖房3 土間蓄熱暖房4

電気でこの管を温めて、土間コンクリートに熱を蓄えます。その温かい空気が床や壁を伝って、家じゅうをあったかくしてくれるのです。床暖房と違って、家の上部が寒いといった室温のムラが起こりません。まるで春の陽射しに包まれているようです!

土間蓄熱暖房5

それとこの窓近くの床に空いた細かい穴、なんだかわかるでしょうか?

こうすると床下の熱がここから窓伝いに上に流れていきます。その流れは風のカーテン。窓からくる冷気を防いでくれるのです!

また床が高温になって起こる低温やけどの事故の心配もありません

土間蓄熱暖房は健康で過ごせる家にぴったりだと思います!

 

◇高気密高断熱

高気密高断熱

今や住宅に当たり前になりましたが、改めてご説明します。

高気密:家の中と外とで空気をなるべく通さないようにします。1年中、室内の環境を一定の状態に保つことができます。

高断熱:熱の出入りを抑えます。冬なら部屋の暖かさを、夏なら部屋にためた冷気を逃がさないようにします。

 

樋浦建築では「FPの家」のFPパネルというウレタン素材の構造壁を使用するため、より優れた高気密高断熱住宅が実現できています。もちろん機密測定なども行い、徹底してこだわっています!

寒暖が激しかったり、花粉やウィルスが隙間から入ってくる過酷な家より、年中おなじ環境の家のほうが健康にいいですよね!

 

家計や環境にやさしい家

やさしい心がなければ、笑顔にはなれません。家計や環境が厳しければ、なかなかやさしい心を持つことができませんね。

樋浦建築では、住む方の経済的負担がなるべく減り、かつ環境に配慮できる家造りを心掛けています。

 

◇オール電化住宅

家庭内のエネルギーを全て電気に統一した家のことです。

オール電化

○エコキュートやIHヒーターのコストはかかるものの、ガスの基本料金が無くなる、深夜電力の利用で光熱費が抑えられる、ガス配管工事の費用がかからないなどの理由から、総合的に経済的負担が減ると思われます。

 

○裸火を使いませんし、一酸化炭素が発生しないので安全性も高いです。お年寄りやお子様にはとても安心ですね。

 

災害時に強いのもお勧めする理由の一つです。ガスより復旧が早いですし、給湯器で貯めた水やお湯を生活用水として利用できるのです。

 

○二酸化炭素の排出量が少ないので、環境面でも優れています

 

○「停電したら暖房も台所も一切使えなくなるのが不安だ」という方もいらっしゃいますが、ガス器具も点火に電気を使いますので、停電時には同じように使えなくなります。停電時がご心配の方は、乾電池やマッチで点火する灯油ストーブなどを非常用に用意しておくと良いかと思います。

 

以上メリットばかりを挙げましたが、お客様の生活スタイル次第で、ガスと併用よりかえって光熱費が割高になることもあります。まずは当社の担当にご相談ください!

 

◇ヒートポンプ

ヒートポンプとは、簡単に言うと少ないエネルギーから大きな熱エネルギーを起こす仕組みです。例えば空気中の熱をポンプでくみ上げて大きな熱にするようなイメージと言うとわかりやすいでしょうか。

この仕組みは、冷蔵庫やエアコンなど私たちの身近に既にけっこう使われているのです。

ヒートポンプ1

樋浦建築の家では、土間蓄熱暖房など大きなエネルギーを必要とする場合に、このヒートポンプを利用して電気代を抑えています

省エネルギーで、温暖化ガスの排出量の削減にもつながります。

ヒートポンプ2

 

樋浦のこだわり、いかがでしたか?しかしこれらはごく一部です。他にもたくさんのこだわりを持って、最高の家づくりを目指しています。全てはお客様の笑顔のために!

ページ上部へ戻る